-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-30 (Thu)
嵐の日曜日から一転、昭和の日は大快晴
おぉ~!
自転車日和だぜぇい!
と、ひとり盛り上る

約40km小矢部市市街地に入る
春祭りでみこしを担ぐ(=引きずる)子ども達が立ち止まって

「がんばって~!!」
と、大声援を送ってくれる

近くのコンビニで休憩中、こども達もやってきた
ひとなつっこく、ニコニコ笑顔で寄ってきて、話しかけてくる
自転車をいじってくる

イマドキは、知らない人から目を反らしましょう!と教えられる時代
子供らしさって、こんな感じだったよな
と、思わされる

つられて笑顔になる、元気になる

ひとりの男の子が私の前に立ち・・・
目をまんまるくして言った

「ああああぁ~!
女の人がいるぅうう~!!なんで~!?」


(確かに、女は珍しいけどさ)
と、笑いながら私は言った
「あはははは。面と向かって、ゆびささないでよね~」

(私は、君たちのお母さんより10才以上も年上なんだよ。
なんてったって、正真正銘のババなんだから!)


4/29(水)チームローマン朝練・小矢部まで
バイク 85km 3時間20分

**********

B090412b.jpg
(画像は、能登島ライドの時のもの 撮影by安価夫婦さん)
スポンサーサイト
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-27 (Mon)
今年も「ハーフ女子35才以上」の部に出場

前夜
去年とおととしのトレーニング日誌を眺めてた
今年は、走量がかなり少ない感じだ
(タイムは全く期待できんな・・・)
おまけに予報では「降水確率100%」
(雨でも走る気持ちはあるが、足はどうだろうか・・・)

ない知恵を絞っても何の対策も出ず・・・
手も足も出ないダルマ気分
なので、普段どおり呑んだくれて寝た


スタート前
ちょっとアップしたが、雨ポツポツで退避する
ストレッチだけして終了

寒くなるのはわかっていたけど
せっかく準備した「真っ赤なランニング・ワンピース」が着たいからと
アームをはめて、カッパをはおった


スタートから3kmほどで、暑くなってカッパを脱いだ
これから雨足が強くなるのは確実
往路の早い段階で、「いけるだけいく!」
そんなつもりでいたが、やはり走り込み不足はバレバレだな

中間地点で、55分

折り返して、しばらくして向かい風に変わる
少しずつペースが落ちていくのがわかる

15km地点で、1時間20分

ますます雨風は強くなる
寒さ冷たさのせいか、足が痛い
こんなことは今までになかったことなので、さらに気持ちがしぼんでいく

正午頃、残り3キロ辺りで
瞬間最大風速20km/hオーバーで「暴風雨警報」が出されたゾー!
沿道からそんな声が聞こえた

雨粒が痛い、痛い、泣きそうになる
早く終わりたい、と思うだけ
けれど、風が強くてなかなか進まない

もう必死で足を前に押し出してた
わずかだが、ペースが上がった
(「がんばれ!海苔!最後の悪あがきだ)

ゴールまで数百メートルのところで、時計を見た
後2分で、2時間オーバーだ
(それは嫌だ!)

転がるようにゴールを走り抜けた
タイム 1時間59分52秒
(ワーストレコードだ・・・)


**********

残り3キロ地点から、併走していた高齢の男性
ランシャツランパン姿に年期を感じた
暴風雨にくじけて周りがドンドン失速していく中、坦々と走り続けてた

時に、マラソンは人生に例えられる
この男性の姿はまさにそうだった
70年の人生の重みは、どんな雨風にも屈しないんだ

このレースで悔いが残ったこと
それは、残り1キロ余りで、この男性についていけなかったこと

そう。
まだまだ、ひよっ子なんだな
わたしは・・・

| レース・リポート | COM(8) | TB(0) |
2009-04-25 (Sat)
オトナと子供の違いのひとつが、人づきあいだと思う

いい例が、うちの娘
知能指数は測定不能、知的発達レベルは3才未満だが・・・
ただの三歳児とは違う
なんてったて、二十年余りの豊富な人生経験があるのだから、、ね。
そんなことを思いつつ・・・

現時点で、この地球上に約1名、ほとんど天敵クラスの
どうにも苦手なタイプのある女性とのつき合い方を・・・


暗中模索


相手のミスを責めない
あきらめる、妥協する、期待しない
でも、態度は平静と変わらずにいるんだよな
そんな娘流の身の置き方を真似しようと、毎回努めてはいるが・・・


彼女!
どこにでもいそうな中年オバハンに違いないハズなんだけど
やっぱ!
その言い方、不愉快なんだよ!
その態度、ムカつくんだよ!!


あ。

オトナ気ない。



オトナへの道のりは遠い。。。





| 「なーん」 | COM(4) | TB(0) |
2009-04-24 (Fri)
今年もやってきた感じかな(一応、夏に向けてね)
「大海に挑むおたま海苔」ってとこ

本人としては、かなり必死に泳いでいるつもりだが・・・
はたから見ると、セレブな奥様のゆったりスイムに見えるらしい

それがヨカッタのか!?
これまで繰り返されてきた轟音イビキも滝鼻水もなかった

そういう意味では、進歩してるのかも☆


4/23(木)コナミ
スイム 3400m (←ただ、しつこいだけ・・・?)
バイク 30分
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-23 (Thu)
ケガをさせられたこともあってか・・・娘の気分の波が激しい
つい、こちらまでイライラ気分がうつりそうになる

夫の機嫌も悪い
新しい部署での「仕事のあり方」に問題が多いと怒ってる
それはわかるが、家にその気分を持ち帰ってほしくない

私なりに合わせているのだよ
おいしもんたくさん作って、明るい会話をしてさ
その辺のこと、もうちょっと気づいてほしいんだけどね

まっ、しかたないか。

ただ不思議なもので、「好きこそ!」なんだろうか
走り始めると、すっかり忘れてしまう
自分の世界にドップリ漬かれることがいいんだろうな

リセット完了!
【ニコニコ海苔】復活さ☆



4/22(水)コナミ
スイム いろいろ1000m
ラン  6km ちょいとがんばるペース走
筋トレ ど根性系で。
| 動く | COM(2) | TB(0) |
2009-04-22 (Wed)
20年余り前、娘が大病をして重い障害が残ったわけだが・・・
当時、ほとんど植物人間状態だった娘に対して、専門家の意見は冷ややかだった
「無駄です」という台詞と、私は戦っていた

その頃、ユイちゃんのお母さんと出会った
「何が原因で脳が萎縮していくのかもわからないんだ」そう、言ってた

私たちは、何か見えない敵と戦ってるようだった
私たちは、【奇跡】を信じていた

奇跡は、泣いて祈っても起きはしない
全身全霊、全力を尽くした結果についてくることがあるかもしれない
そんなもんだと思う
あの頃の私たちはそうだった

納得のいくまで医師と語り合った
嫌がる医師に食い下がった
ありとあらゆる情報を探し集め、残されたわずかな能力を伸ばすことに費やした

24時間、休むこともしなかった

何度倒れても起き上がってた



来年、ユイちゃんは二十歳になる
何度も生死の境をさまよって今にいたってる
生きるためのリハビリを続けてきた

呼吸器をつけ、静かに生きている
母様は言う
「来年の成人式まで生きてほしいね」


今日生きていることに感謝の気持ち
それは、ユイちゃんと母様の姿から教わった


だから
私たちにとって、成人式は特別なんだよな

来年の成人式の日
私は、私の中の【最大の祝福の心】を贈ろうと思ってる

戦友に。

| 共生 | COM(2) | TB(0) |
2009-04-22 (Wed)
気持ちが悪くなるような熱い風が吹き続けてた
慌しい火曜日、家に戻ったのも遅い

運動なし日にしようかと迷ったが・・・
昨日も時間が取れずにいたのだから、と自分に言い聞かせる

外を走ろうと思ったら、雨模様
ただでさえ気乗りしないので、雨中を走る気にはなれない

室内路に移動
音楽でいう「だんだん強く」をイメージして、「だんだん速く」と行きたかったが・・・

いかんせん、足は気持ちだけでは速くはならないな。


4/21(火)市体R
ラン 9km インターバル走には程遠いか・・・
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-21 (Tue)
「・・・筍のゆでたのがあるから・・・」と、母からメール。

母の話では・・・
「友達の水彩画教室の見学に行ったんだ。春の画材を持って。そう、朝掘りの筍をね」

母と同じ年代の生徒さん達は、描くよりも賞味したいようで・・・
結局、一本ずつ分けてあげたとか

(母らしいな)そう思って聞いてた


それから。
自分が、ずいぶん年を取った事をいろいろ話してた

「私も年を取った」と言うと・・・
「海苔はまだまだ若いんだから!」と、(怒ったような口調で)言い張った

きっと、孫娘と私の人生を気にかけてくれてるんだろうね



母と私はふたまわり違いの寅年生まれ

もちろん、母が先に老いていく

でも。
間違いなく、私は後を追っているんだよな
| 福は内 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-20 (Mon)
メインは、今年初、牛岳スキー場までのヒルクライム
颯爽と駆け上ることは決してなく・・・
のったり・まったり・・・踏み続けた

山中に潜むのは、山菜取り名人ばかり
そのうち、「熊目撃情報」が出るんだろうな・・・
絶対に出会いたくない!と、山頂を望みながら思う

そういや、ロードバイクに乗り始めてからは、スキー場に車で行ったことがないな~
雪国人だけど、スキーもスノボも無縁になっちゃたよ


で。
今日は、気持ちはバテずに走れた
こういう時の疲れ方は気持ちがいいんだ

ただ・・・
疲れすぎて、眠くて眠くて
家事労働も庭仕事も、メチャ能率が悪くなるんだよな(ブツブツ)

B090418.jpg



4/19(日)チームローマン朝練
バイク 牛岳~笹津方面 76.5km 3時間15分
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-19 (Sun)
娘がトラブルに巻き込まれて、アザだらけになって帰ってきた

親としては・・・
無性に腹立たしく、悲しく、悔しい
けれど・・・
相手の攻撃性が、「障害」だからしかたないらしい

娘は、そのことを知っているからなのか
痛がるけれど、怒っていないように見える・・・

そこへ行くことを受け止めているみたいだ

そうか・・・
そうだよね

嫌なこと、辛いこと苦しいこと
逃げてばかりいるわけにはいかないんだよね

娘の姿に教わる
我が子ながら、大きな感動をくれるよ

親なんて、ホント・・・大した存在じゃないね
苦境を笑顔でスルーしてしまえる子ども達に対して

今、親ができること

それは、いつ帰ってきても
穏やかに迎えられること

それだけだな。。。
| 共生 | COM(4) | TB(0) |
2009-04-19 (Sun)
機械を相手のトレーニングは好きじゃない
てか・・・
大嫌いだ!!

が、下手の横好きとはいえ・・・
「目指せ!ウルトラBABAアスリート☆」なんだよね
だ・か・ら・・・
テキトーで楽な競技志向なんてありえない!

ということで、ひとりがんばるインドアトレ
周りの健康志向とはまるで真逆な空気・・・

心の中で、ひとりつぶやく・・・

(いいんだよ!)

4/17(金)
バイク 40分 LTインターバル
ラン 5km ビルドアップ走 
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-17 (Fri)
今月は、「ランニング月間」などと張り切ってみたが・・・
尻切れトンボになってしまった

で。
思い直して、いつものプールへ
何も変わってないはずなのに、全然泳げない
何だか目が回るしで、気分最悪

継続は力なり・・・
逆も真なり


4/16(木)
スイム 2800m(平泳ぎ・クロール)
バイク 20分
ヨガとストレッチ
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-17 (Fri)
とある夫婦と息子の3人家族の話
脳性マヒのある息子と共に暮している

自分の高齢化もあり、息子を安全に風呂にいれたいので
自宅をバリアフリーに改築したいと、申請書を出したという

書いた父親79歳、息子43歳


終わりのない在宅介護
これでいいのだろうか・・・!?

私だったら、どうする・・・??


日曜日には、市議選・市長選がある
朝から晩まで響く「最後のお願いコール」が、耳障りでしかたない


| 共生 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-16 (Thu)
例年なら、桜の満開の頃に寒さが戻ってくるのだが・・・
今春は暖かかった
ひさしぶりの雨降り、やっぱり暖房器具はまだまだ活躍してもらわなきゃね

ということで、雨の日の定番、市の体育館ランニングコースへ
近頃は中高年の女性が増えた
ロッカーでの話題は、愚痴でも噂話でもなく、ダイエットでもない・・・

【健康ネタ】
話は途切れることなく、立て板に大水・・・て、感じね


とある女性の団体さん
ランニングコースの中で、ランチして、それからフラダンスの復習をやってる

以前なら違和感バリバリだったが・・・
まっ、(別にいいんじゃな~い)と、思う

ただ、もう少しだけオシャベリの音量を下げてほしいな~
リズムが合わないんだよ、ジョグとフラじゃね

*********

4/14(火)市体R
ラン 3km 
ひたすら入念にストレッチ三昧

4/15(水)市体R
ラン 9km
ストレッチ、動的ストレッチ、補強

バイク 20分
マシンで筋トレ
| 動く | COM(0) | TB(0) |
2009-04-15 (Wed)
身長46cm、体重3400g
まっ黒のフサフサの髪、大きな瞳
でね。
めいっぱい手のひらをひろげて見せてくれた

それはね。
散り始めの桜にウットリ・コックリしてしまうような暖かな日曜日の正午過ぎ
薄桃色の女の子が誕生したんだよ

何となく、息子のヒマ太郎に似ている感じ
ということは、もしかしたら・・・私にも似ているのかも(←すでに、ババ馬鹿?)

抱っこしている時は、ただ嬉しくて・・・涙目になっちゃたよ


小さな命
大きくな~れ☆


生まれてきてくれて・・・
本当に、本当に

ありがとう。。。

B090412sei.jpg
| 福は内 | COM(2) | TB(0) |
2009-04-14 (Tue)
富山~能登島往復、総180km

今年は例年になく気温が高い予報
が、神通川を下って、海沿いを氷見までの行程は、深い霧に包まれてた
太陽の光が全くさえぎられて、肌寒いくらいだった

(まるで北欧みたい・・・)
行ったこともないけど、そう思った

霧が晴れると、一転初夏の陽射しがふりそそいだ
いよいよ、この季節がやってきたな~と思う


決して心地よい疲れとはいえないけれど
この充実した感じが好きなんだと思う

この夏に向けて
自分なりに、めいっぱいいっぱいガンバローって気になる



日が傾きかけた頃、帰宅

「おっ!!いよいよ、【赤鼻のノリカイ】の登場だな~♪」
ぎゃひゃひゃ~!ゲラゲラゲラ~!!
と、夫はチカライッパイ抱腹絶倒したいた

鏡を見ると・・・
日焼けで、鼻が真っ赤になってた

(チッ!いいんだよ。)と、つぶやくのみ。。。

**********

B09noto19.jpg
↑能登島大橋近くPにて、集合写真
画像提供 Teamしょうみょう 安価夫婦さん
| レース・リポート | COM(0) | TB(0) |
2009-04-13 (Mon)
旧市内の桜の名所をたどりながらのジョギング

地球高温化のせいか、気温25℃はちょっと暑いくらいだけどね
気持ちは身軽に家を出る

いたち川~松川べり~磯部にちょっと寄って、呉羽山まで足を伸ばす
ただ風が気持ちいいんだ

桜の周りには様々な人が、それぞれの形でくつろいでた
そのそばをさりげなく通り過ぎる

わたしの中の春の一ページなんだ

090410呉羽山桜

**********

4/7(火)
ウォーク&ジョグ 塩の千本桜

4/10(金)
ラン 90分LSD 家~呉羽山
| 動く | COM(2) | TB(0) |
2009-04-13 (Mon)
090407夜桜

手弁当を持って、お花見に行った話しをしたところ
夫も、「お花見弁当を持って、花見がしたい」と言い出した

せっかく摘んだ春の野の草を使って、素朴なおかずを作って弁当に詰めた
クーラーバッグに麦酒を。水筒には、「熱燗」を!(←夫的にはコレがミソらしい)

家からすぐ近くのいたち川沿いの桜の木の下で
時に、夜桜
時に、ちりぎわの桜吹雪

お互い、忙しさと慌しさに追われて
止まって眺めることもなかった桜だったね

昔話から最近のボヤキまで、食べてしゃべって呑んで、呑んで・・・
呑んだくれてしまった。。。
090409弁当
↑「呑んだくれ弁当」一例、野ブキの油炒めやノビルとホタルイカの酢味噌和えet.

| 「なーん」 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-13 (Mon)
090407塩の桜

神通川沿い、大沢野町~八尾辺り
「塩の千本桜」を見に、水泳の大先輩のおねーさま方と

歩き始めてまもなく、キミさんが
「あれっ!?コレ、のびるじゃない☆」
と、(私の目からはしなびた雑草のようにしか見えない)草をひとつかみ

あさつきのような、わけぎのような、根元は小さな玉ねぎのようなヒョロリと伸びた20~30cm丈の草
刻んで薬味にしても、ゆでて酢の物にしてもおいしいとか

それから、野蕗も発見

ということで、地元のおばあちゃん達に混じって
一心不乱に草摘み

ひと段落して、再び歩き出して、またまた
キミさんのひと声
「これ、これ、皮むいて食べると疲れが取れるんだよ」
と、道ばたの草の根元の方をむしってくれた

確かに!
口に入れると、酸味とえぐみが絶妙。いかにも、春の味!
090409酸い菜
↑地元の人は「酸い菜」と呼んでた

周回4.5kmの桜並木を3時間かけて歩いた
韓国系のキミさんの子供の頃の苦労話
徳島出身のサナエさんの故郷の話
いろいろ聞かせてもらった

みんな私より20年くらい年上なんだよ

で、思うんだ
私たちは、先人の開いた道を歩いているんだな
と。

そして、後に続く人たちのために、この道をちゃんと残していかなきゃね
と。
090409塩の桜と私
| ゆとり場 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-10 (Fri)
若い頃は、桜が咲く季節はあまり好きでなかった気もする
別れも多かったしね
自身のスタートとしては不満も多かったしね


3年程前の今頃
娘の体調は最悪だった
なんとか学校は卒業したものの、とても社会で生きていけるようには思えなかった

「親亡き後」なんて心配してる場合でなかった
本当に、このまま私たちを追いて、先に逝ってしまうんじゃないだろうかと、不安な毎日だった

送り迎えの車中の中から見る桜はいつもの年と変わらず、とてもきれいだった

けれど。
車から降りて眺める心のゆとりすらなかった
その年、私は桜から目をそむけた

その辛さ、苦しさ・・・今も思い出すと胸が痛くなる


だから、私は決めた!
絶対に、「花見」をするんだ。
って。

わたしの愛する者たちが元気でいてくれることを
(桜を眺めながら・・・)
あったかい気持ちで!どっぷり漬かるんだ☆

090408枝垂桜
| 共生 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。