123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-13 (Mon)
実際問題、一ヶ月近くかけてレースリポートを書いてるワケだ
【ゆうパック】より遅い配信かもね

実際、一ヶ月近く経っても、かなり覚えてるんだな、これが・・・

**********

数年前のBタイプ出場の時より、30分は遅れてのラン・スタート
気持ちは切り換えての軽やかな足どり!

なんて事は、ない!!

日陰を探すが、どこにもない
幸い、この暑さの中も沿道の応援は変わらない

応援に背中を押されながら、ヨタヨタ走る

最初のエイド
勢いのある時なら、スルーしたいところだが・・・

無理。

頭のてっぺんと首筋に氷を当てて、ひと息
珠洲特産のスイカをエネルギーに、また走り出す

結局、このスタイルは最後まで変わらず、全てのエイドに止まった

エイドのスタッフ&ボランティアのみなさま、
「ホントにお世話になりました。ありがとうございました」

キロ6分チョイくらいだろうが、その割りには心拍数は高い
ま。これが、練習不足の値だな

数少ない日陰には、あきらかに「熱中症」になって、うずくまってる選手がいる
油断大敵、とにかく「完走」しなきゃ☆

折り返しからしばらくすると、Aタイプのランの序盤の選手の波
(今から、20kmか・・・キツいだろうな)
(今年のこの条件・状態だったら、Aタイプ完走は無理だったな)
(あ。あのじーちゃんの真後ろに、回収車が。露骨だが、それもしかたないよな)
などと。

あれこれ、無駄に雑念ばかりが浮かんだ

幸か不幸か、10年のキャリアが作る最低完走はできるペースで走り続ける
なので、暑さで嫌になりそうだが、痛くも苦しくもない

すれ違うAタイプの選手に、去年の自分を重ねながら
(また、きっと。ちゃんとトレーニングを積んで、挑戦したい!)

ふと、そんな風に思った

残り、3km地点
気持ち足どりが軽くなったよう
【フィニッシュ】目指して、(ささやかながらの)ペースアップ☆

両手を挙げて、テープを切る
周囲のスタッフ&ボランティアのみなさんに、深く深く礼をする


しばらくすると、頭痛がしてきた
あ。熱中症だ。
救護テントで、しばらく横になった
かたわらには、あの宮塚選手も疲労困憊な様子で座ってた

(みんな辛かったんだな)
あらためて、そう思った


**********

帰路
チームメイトとうだうだ語らいながら、つくづく思った

(まるで不完全燃焼だったな。悪あがきもできないくらいの練習不足だったからね)

(そうさ!来年もやるさ!!)
(今度は、自分にヘタな言い訳はしたくないね♪)



スポンサーサイト
| レース・リポート | COM(4) | TB(0) |
2010-09-06 (Mon)
今年はゴーグルを新調することもしなかった
普段はあまり使わない曇り止めをつけていたのだが、
泳いでいる最中に目に入って、痛くてしかたなかった

バイクパートに移っても、目がしみる。痛い。
なかなか競技に集中できない

モタモタしていたのだと思う
しばらくすると、次のウェーブでスタートした女性が追いついてきた
今年初挑戦。ヤル気満々の気合いが伝わってくる
今年の私では、なーんも相手にはならんが、それでも少しばかり意地を張った
ほんの十数分だけど、勝負して・・・潰れた。
チーーーン。ナムアミダブツ・ブツ・ブツ。。。

晴れて、とってもロケーションがいい
十年程前に、始めてココに来て、それからそれから
なんて、昔話を思い出してた
(いかに、競技に集中できなかったか、ってことね)

暑い。

予定のひとつ前のエイドに止まった
顔を洗ったら、目の痛みはおさまった

先は長い。

珠洲バイクパート名物の大谷の峠の手前のエイドでも降りた
この日は暑さがこたえて、降りる度、頭から冷水をかけてもらった

過去にはなかったな。こんなことは。

10%、12%の表示を横目に坂を上る
降りて歩いてる人も増えてきたが、その姿を見ないようにした

その時、ほんのひととき雲がかかった
容赦なく照りつけていた太陽が一瞬隠れた

あ。助かった。これで、なんとか上れる。
トライアスロンの神様、ありがとう。

マジそう思った。そんな弱気な自分がここにいた

長い下りの後、市街地に入る
40km、アト10km
最後の踏ん張りどころ!
ココで、これまで自分がしてきたことが発揮されるんだ

ダメだ。これ以上は無理。

あきらめて、ペースを落とした
このまま、踏み倒したら、ラン10kmが走れないから
自分にひたすら言い訳し続けた
後続の選手全てに抜かれたような気になった

辛い。ホントに、辛い。悔しい。

こんな思いをするくらいなら、もっと練習しておけばヨカッタ
やるだけやったんだから。
そう納得することもできなかった

50kmを2時間20分余り・・・
情けない気持ちのまま、降車し、ランニングシューズに履き替えた
例年になく暑い夏の象徴の太陽はてっぺんにあった

とにかく、行こう。完走するんだ!


ランパート10kmに移る
(続く)



| レース・リポート | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。