123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-10 (Sat)
来春から、『障害者自立支援法』が見直されるらしい

20年前、「精神薄弱児」から「精神発達遅滞児」と呼び名が変わり
さらに、【知的障害児】となった

で。
その知的障害児(者)も、社会福祉を受けられることになった
必要な時に、必要な支援を受けられると
当時
「障害児の一時預かり」が認められ
「おかげでやっと美容院に行けました。ありがとうございます」
なんて、ある母親が真顔で話してた。

たった3年で、制度は崩壊。
【応益負担】という言葉が、大手を振って出た。
つまり、「国家に金も人手もないから、障害者も金を払え!」ということ。
これが、「障害者自立支援法」の主軸だった

あの時、私は「国は障害者を見捨てた」と感じた。

あれから、3年。
「自立」が進んだという話は聞いたことがない。
逆に、自立していた障害者が困窮し、「このままでは生きていけない」という話もあった。


「障害があってもがんばれ!」と普通の人は言う
私たち親に対しても同じように言われる

でも、こんなにクルクル変わる福祉対策では、「がんばりようもないだろ!?」
と、思う。

『気力と根性。忍耐』
期待される人物像らしいが、それだけじゃ自分が潰れてしまう。

『柔軟さ、バランス力』
これが、先見の明につながる気がする。


**********

1/9(金)
ということを思いながら…
身体も『柔軟性とバランス力』強化ね♪

スイム 1000m(背泳ぎ中心にいろいろ)
ラン 3km
ヨガとストレッチを重点的に

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。