123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-12 (Tue)
この春から、リョウコさんが施設に入所した
娘より5歳くらい年上で、身体の障害はもっと重くて常時車いす使用
でも、穏やかな気性で、柔らかな笑顔が愛らしい印象だった

リョウコさんの母さまとは、作業療法の訓練でも一緒になったことがある
考え方も決して時代遅れではなかった
がんばりすぎの介護で共倒れするようには見えなかった

が。
結果的に、「施設入所」しかない現実だったんだ
自分の親の介護、自身の加齢、時にうつを発するくらいの負担
「障害の連鎖」なんだろうか・・・


よく「あなたは若いから」と老いた親たちに言われる
けれど、通る道は同じ、簡単に同じ結果になちゃうんだよ、きっと

将来起こりうる問題
悩んでもしかたのないこともあるけれど、「備えあれば憂えなし」ということもある

いろんなことを、「想像する力」がいるんだ

こんな日は、「こんにちは。暑いですね」などと愛想笑いをしながら挨拶をするのもしんどい
なので、(昨日に続き30℃近くの真夏日にもかかわらず)運動公園に行った
新緑と爽やかな風のおかげで、体感温度は低めだった

ゆっくりゆっくりトコトコと足をひきずるように走る
1km程で、足が止まって歩き出す
ふと、またトコトコと走る
考え事をしながら・・・

信号もない、ひと気もまばら
悶々と机に向かって考えるよりも、少しはマシだったろうか・・・
(トレーニング効果は全くないけどね)


5/11(月)運動公園クロカンコースを歩いたり、ジョグったり。
ラン 12~13kmくらい 超ゆっくりトコトコ走り
| 動く | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。