12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-05 (Mon)
スイムの大先輩、キミさんのダンナさんはアルツハイマー症を患ってる
キミさんは、「もう限界に来たので、いよいよデイサービスのお世話になった」と言う
(いえいえ、これまで、ひとりでよくがんばってきた)と、私は思ってる

週末は在宅介護となるので、もう大会には出られないそうだ
何より、「タイムを追うようながんばり方はできない!」と言う

けれど。
キミさんは、以前にも増して、プールやジムにいる時間が長くなった
「納得のいくまで泳ぐと、どうしても2時間くらい掛かる」と、言う

それから、適当に体を洗って着替えて隣室のジムに向かう
そして、いきなりトレッドミルに飛び乗り走り始める

「走ってると苦しくてしかたないんだよ・・・」と、キミさんは言う
「ウォームアップもなしに走れば、そりゃぁ誰でも苦しいですよ」と、私が応えると・・・
まるで、人の話を聞かずに、こう言う

「主人をデイサービスにお願いして、おかげさまでココにいられるわけだから・・・
それを思うと、苦しくても、もう少しだけでも、がんばって走ろう、と思うんだよ。
シマちゃん、わかってくれるよね」って。

(わかってくれるよね、か・・・そう、感謝の気持ちだよね)

しばらく黙って、ゆっくり応えた
「わかります。私もその気持ちを失ったことはないですから」

多分に、介護の現実のかけらも想像できないような心ない誰かがキミさんの陰口を言うのだろう
「他人様に預けてまで!あの人は、なんと自分勝手な・・・」などと

氷より冷たい心の者ほど、人には「自己犠牲」を押し付けるのだと思う
そんな人間には、「自分勝手」と思われるほうがいい

だって。
コレが、私やキミさん達の「自分らしさ」

だから。
肝心要の時に
ふんばれる。
あきらめずに、がんばれる。

強くなれる!
笑顔になれる!!


うりゃ!!



| 共生 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。