12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-10-11 (Fri)
ホルター心電図の結果は、心房細動だった
オシム氏やミスターがそうだったように、脳梗塞を起こしやすい病気だ
夫は、「手術を受ける」と言った
私は、「どうしても必要ならしかたないが、できれば投薬で」と応えた
不安。。。

80歳でエベレストに上ると言い張ったあの三浦雄一郎氏もそうだったとか
言い換えれば、エベレストに上る訳じゃないんだから薬で治療できるはず

専門医にかかったところ、薬での治療に決まった
少しホッとした。。。

ところが数日後、早朝発作があり、薬を飲んでいったんは治まったものの
数時間後にまた発作があったらしい
薬が変わったそう
また少し不安になる。。。


それ以外は何も変わらない



変わらない単調な時間が流れるのっていいことなんだと、あらためて思った



**********


昨日、特養主催の勉強会に出席した
テーマは「サービス付き高齢者住宅」だった

父もそういう所に入っている

県内にも何十箇所もあるそうだ
一応県の認可を受けているのだが、けっこうザックリとしたものだとわかった
身の周りのことができることが必要とか、掃除洗濯は家族でとか、コールボタンはあっても建物内に介護者がいないとか、夜間は無人とか、一方、医療行為もOKなところまで様々だった

それも空きがあるかどうかはわからないらしい・・・

断腸の思いで、父の入所を勧めたけれど
要介護3の父をすぐに受け入れてもらえたのは、運がヨカッタということなのだ

勉強会には、介護をする家族が集まっていた
ほとんどが実の娘だった
といっても、それなりに年を重ねていると見られた
親のことを話しながら、心の隅っこに私たちの時代はどうなるのだろうという感じだった



不安がないと言えばウソになる。。。




| 福は内 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。