12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-17 (Tue)
2009年(平成21年)3月15日(日曜日)
第19回 神通川マラソン大会
10km女子40歳以上の部に出場

3月のマラソン大会に出るのも、10kmの部に出るのもひさしぶり
前日までの大荒天が一転、ニコニコ晴天

私は、なんとなく、ワクワク気分でいた
言い換えれば・・・
全く緊張感もなく、ちゃんと準備もせずにいたって、ことだった


走る直前に食べたり、多分大丈夫だろう、と薄着だったり・・・
「心のゆるみ」が走りに表れた

レースとなれば苦しいに決まってる
でも、今回は、ホントにただ苦しいだけだった
気持ちは前に行こうとするが、足が地面に張り付くような感じだった


そして、走り出して28分後
突然、猛烈な腹痛に襲われた

リタイアになるかもしれない、そんな不安になって
ますますペースは落ちて、落ちて、落ちまくった

腹を抱えるように、だましだまし走ってたところ
知人が、大きな声で
「ファイトォォォォォォォオーーー!!!」
と、激励し、追い抜いていった

ちょうどその時、「アト2km」の表示
走り去った彼女の残像を前に、必死で追いかけた

とっくに見えなくなってはいたけれど、ただただ追いかけた

あいかわらず、カカトが地面に食い込んで進まないような感じだったけれど
とにかく、なんとかフィニッシュできた


記録は、53分29秒

前回タイムより、4分以上遅いけれど
リタイアせずに走れたこと、それが嬉しい。ホントに。ヨカッタ。。。

走りより、「いいかげんな気持ち」でいたことに猛反省のレースだった


| レース・リポート | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。