123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-04 (Thu)
猛暑日のせいか、ゆうべは娘も腹具合が悪かったらしく
夜中の【大】事件となった・・・

なので、夫はますますイライラ気味
無理もない・・・

こんな時は、やはり「神だのみ」だろっ!
ということで、「恒例・雄山神社参拝ジョギング」

幸いの曇り空なので、テケテケ走り出す
賽銭は、決まって100円オンリー
だが。
「往復20km自力で来てるんだから。ささやかな願い事きいてくれヨ」
と、神様を拝み倒してきた

家族の健康、安泰

頼むぜ!神様☆

帰りは、寄り道をして、常願寺ハイツのジムとプールを見学してきた
スイム仲間&スタッフのま~さんも熱烈大歓迎してくれた


再び、テケテケ。

山室太田の小学校前で、めいっこのアユちゃんにとてもよく似た女の子
「こんにちは」と愛想良くあいさつしてくれたんだ
声もそっくりだった

近頃は、「見知らぬ人は、目を反らしましょう!」という道徳教育の時代
笑顔でコンニチハが、とても心地よいね

そう。

今日はいい日だね♪
| 共生 | COM(2) | TB(0) |
2009-05-28 (Thu)
食い合わせが悪かったのか・・・床に就いてから、娘は下痢をした
ほろ酔いで眠りかかってた私たちは、「お仕事再開」
夫は、半泣きのように見えた
体が冷えたのか、真夜中、腹痛を訴えてきた

そんなこんなで寝た気がせず、朝エクササイズは二度目の中断突入
人のせいにしている自分が嫌だな


午後からジムへ
ガタガタのマシンで有酸素運動30分
それから。ガツガツ筋トレ
それからそれから。パチャパチャ泳いで2000m
これだけで、ガタガタに疲れる
年々、体力低下してる感じだ。。。

**********

そばで泳いでたキミコさんに家族から緊急連絡が入った
アルツハイマーのダンナさんが、事故に遭って救急車で運ばれたとか。。。

「昨日できたことが、今日できなくなる」そんな特性の病
介護者にもついてくる、その運命

これでいいのか、世の中は!

新聞に掲載されてた、党首会談の話の内容に、ばかばかしいと思ってしまう
とにかく。メチャ!腹が立ってしかたない



| 共生 | COM(2) | TB(0) |
2009-05-23 (Sat)
心配事は尽きない・・・
でも。
私だけじゃない、みんな同じ

昔、あったよね。CMソングだっけ
「み~んな なやんで おおきくなって~♪」ってね

いいわけするのはやめて、早起きした
とりあえずは、定番「歩道橋トレ」
子供の頃に遊んだように、駆け上がる!
こういう感覚が好きなんだな☆
(トレ効果とかはいいんだ、今は)


今日もいらっしゃった、かなり高齢のおばあさん

ゆっくり階段を下りて、また上ってる
階上で、オリジナル体操と柔軟体操のような動きを繰り返している
病気かケガか、加齢だけではないだろうな
あの背骨の曲がり具合、腰のゆがみは・・・
想像を絶する痛みもあるだろうな

なのに、柔らかな笑顔で話しかけてくれる、励ましてくれる
本当にうれしいよね

「ハイ☆わたし、全然!元気ですから!!」
そんな気持ちになる

ありがとうございます。がんばりま~す♪
| 共生 | COM(4) | TB(0) |
2009-05-20 (Wed)
新型インフルエンザ流行というこの機会に
本気で「備え」をした

石川でも新潟でも地震があったんだし・・・
次は富山かもしれない
ゲリラ豪雨の被害に遭うかもしれない

天災・人災(←インフルエンザのことね)
もう対岸の火事じゃないよね

娘の常備薬のストック
それから、車イスをメンテしてもらってきた

それから、それから、食糧の備蓄
缶詰なんてあまり食べたことがないので、いろいろ取り揃えてみた
宮崎県のながいき村特産の安全保証付きの乾燥野菜まで買っちゃった!(←ただの食道楽か?)

で。
予想以上にお金が掛かってしまった
確かに、こまめに準備した方がいいんだね、ウンウン・・・と、ひとり納得


【非常時の行動はスピーディに!】
などと、思いつつ。。。

(反動か!?)
無性に、牛スジ煮込みが食べたくなって・・・
半日かけてコトコト煮込んでた

普段は、やっぱり
スローライフ・スローフードでしょ♪
| 共生 | COM(0) | TB(0) |
2009-05-19 (Tue)
いろいろ言い訳はあるけれど・・・
それでもあの結果(←先日のフルマラソンの)は、ズ---ンと堪えてる
まだ、寅のメインレースのエントリーはしていない
変な言い方だが・・・

「絶対完走できない自信ができた・・・」

最終締め切りは、今月末
もう少し、緊張感と意欲と練習量を上げなければ・・・と、焦る

という割りには、今朝も健やかに寝すぎた
いくらノー天気の私でも、「オイオイ!それでいいのか!?」と、自問自答


おまけに。
ジムが潰れる話で、スイム仲間もいまだにザワザワしている
競泳なんて個人競技なのに、マラソンのように自由に出られないのが不思議
チーム・エントリーしか認められてないんだから(水連の陰謀か!?)

さらに、おまけに。
新型インフルエンザ!
「弱毒性」だから、普通の健康体の人は安静にしていればいいのだろうけれど・・・
障害の重い愛娘の場合は、いろんな不具合が出てくる

重篤のてんかん発作が起きたら、命にかかわるし・・・
デイ・サーブビスが休業して、自宅待機となったら・・・
親が高熱で倒れたら、それこそ「共倒れ」になるし・・・

考えてもしかたのないことと
考えなければならないことが
ゴチャゴチャになって
アタマん中で煮詰まってる

グツグツグツ。。。
| 共生 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-22 (Wed)
20年余り前、娘が大病をして重い障害が残ったわけだが・・・
当時、ほとんど植物人間状態だった娘に対して、専門家の意見は冷ややかだった
「無駄です」という台詞と、私は戦っていた

その頃、ユイちゃんのお母さんと出会った
「何が原因で脳が萎縮していくのかもわからないんだ」そう、言ってた

私たちは、何か見えない敵と戦ってるようだった
私たちは、【奇跡】を信じていた

奇跡は、泣いて祈っても起きはしない
全身全霊、全力を尽くした結果についてくることがあるかもしれない
そんなもんだと思う
あの頃の私たちはそうだった

納得のいくまで医師と語り合った
嫌がる医師に食い下がった
ありとあらゆる情報を探し集め、残されたわずかな能力を伸ばすことに費やした

24時間、休むこともしなかった

何度倒れても起き上がってた



来年、ユイちゃんは二十歳になる
何度も生死の境をさまよって今にいたってる
生きるためのリハビリを続けてきた

呼吸器をつけ、静かに生きている
母様は言う
「来年の成人式まで生きてほしいね」


今日生きていることに感謝の気持ち
それは、ユイちゃんと母様の姿から教わった


だから
私たちにとって、成人式は特別なんだよな

来年の成人式の日
私は、私の中の【最大の祝福の心】を贈ろうと思ってる

戦友に。

| 共生 | COM(2) | TB(0) |
2009-04-19 (Sun)
娘がトラブルに巻き込まれて、アザだらけになって帰ってきた

親としては・・・
無性に腹立たしく、悲しく、悔しい
けれど・・・
相手の攻撃性が、「障害」だからしかたないらしい

娘は、そのことを知っているからなのか
痛がるけれど、怒っていないように見える・・・

そこへ行くことを受け止めているみたいだ

そうか・・・
そうだよね

嫌なこと、辛いこと苦しいこと
逃げてばかりいるわけにはいかないんだよね

娘の姿に教わる
我が子ながら、大きな感動をくれるよ

親なんて、ホント・・・大した存在じゃないね
苦境を笑顔でスルーしてしまえる子ども達に対して

今、親ができること

それは、いつ帰ってきても
穏やかに迎えられること

それだけだな。。。
| 共生 | COM(4) | TB(0) |
2009-04-17 (Fri)
とある夫婦と息子の3人家族の話
脳性マヒのある息子と共に暮している

自分の高齢化もあり、息子を安全に風呂にいれたいので
自宅をバリアフリーに改築したいと、申請書を出したという

書いた父親79歳、息子43歳


終わりのない在宅介護
これでいいのだろうか・・・!?

私だったら、どうする・・・??


日曜日には、市議選・市長選がある
朝から晩まで響く「最後のお願いコール」が、耳障りでしかたない


| 共生 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-10 (Fri)
若い頃は、桜が咲く季節はあまり好きでなかった気もする
別れも多かったしね
自身のスタートとしては不満も多かったしね


3年程前の今頃
娘の体調は最悪だった
なんとか学校は卒業したものの、とても社会で生きていけるようには思えなかった

「親亡き後」なんて心配してる場合でなかった
本当に、このまま私たちを追いて、先に逝ってしまうんじゃないだろうかと、不安な毎日だった

送り迎えの車中の中から見る桜はいつもの年と変わらず、とてもきれいだった

けれど。
車から降りて眺める心のゆとりすらなかった
その年、私は桜から目をそむけた

その辛さ、苦しさ・・・今も思い出すと胸が痛くなる


だから、私は決めた!
絶対に、「花見」をするんだ。
って。

わたしの愛する者たちが元気でいてくれることを
(桜を眺めながら・・・)
あったかい気持ちで!どっぷり漬かるんだ☆

090408枝垂桜
| 共生 | COM(4) | TB(0) |
2009-03-04 (Wed)
娘の通院先にある小さな売店の「おっちゃん」
常々、こう言ってた
「おらぁ、障害者の働ける場を作りたいんじゃ」と。

働く意欲も能力もあるのに、働く場がないという声は多い
だから、おっちゃんの話を真剣に聞いてた
私の方からも、いろんな話をしてきた

でも。
ふと、気づいた

「このおっちゃん、もしかしたら・・・口からでまかせ、嘘八百・・・!?」

勝手に思い込んで!
勝手に騙されてた!!
だから、恨むのは筋違いかもしれないが・・・

ただ、心に冷たい風が吹いた
こんな心境に合うように、雪まで降ってたよ


ブクブクブク。。。(沈)
| 共生 | COM(2) | TB(0) |
2009-02-25 (Wed)
いつものジムは火曜定休
雨の時は、市の体育館へ行く
平日昼間のランニング・コースの主役は、ランナーではなく、リハビリに励む方々

「生きていることは、アタリマエではないこと」
「愛する家族と共に家で暮すために、大変な努力(リハビリ)が必要なこと」
彼らの姿が、そのことを伝えてくれる

私は、そんな彼らに限りなく敬意を表する
目を反らすことなく、まっすぐに見つめ、笑顔で語り合う


しばらく姿を見せないでいると・・・
「娘さんに何かあったんじゃないか!?と心配してたんだ」
そう言って、気遣ってくれる


「アンタと話ができてよかった。元気をもらえたよ」
「アンタ、強いな。がんばってくれ」

この姿、この言葉に
私は、支えられ・励まされているんだ
そう、思う


(こちらこそ、本当に本当にありがとう)
そう、心に刻み込む

また会うときも、私は笑顔で元気で走ってるから
| 共生 | COM(2) | TB(0) |
2009-02-03 (Tue)
マスターズスイマーであり人生の大先輩でもあるキミさんの言葉

一年余り、ダンナさんのアルツハイマー病が進行
日曜日、凍てつく寒さの午前4時
警察から電話

ダンナさんは、寝巻き姿で徘徊中を保護
川に落ちたらしくずぶ濡れだった

「本当にみじめだよ」
そう、つぶやくように言った

20年も年下の私が言うと生意気だろうけど・・・
(小さな優しい気持ちと多くの人の手が助けてくれるよ)
って思う

でも。

そう思いながら・・・
(この国は、この人たちを本当に助けてくれるのだろうか?)

言いようのない不安な気持ちになった
| 共生 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。